So-net無料ブログ作成

<口蹄疫>鳩山首相「責任追及より感染防止が先」(毎日新聞)

“禁酒法”現代版?WHO、規制強化声明採択へ(読売新聞)

 世界保健機関(WHO)が、17〜21日にジュネーブで開く総会で、酒の広告や販売などの規制強化を加盟国に促す声明を採択する見通しとなった。

 声明に法的な強制力はないが、海外に活路を求めている国内ビール業界は、事業拡大の妨げになりかねないと警戒感を強めている。

 声明は「アルコールの有害な使用を低減するための世界戦略」との名称で採択される見込みだ。飲酒運転の厳罰化のほか、新聞・テレビなどの広告や野球場など公共施設での販売、極端な安売りなどに対する規制の強化が柱となる。約190の加盟国・地域に行動を求める。

 規制強化の動きが出てきたのは、加盟国で健康志向が強まっていることが大きな要因だ。新興国などの生活水準の向上で、未成年者の飲酒などが社会問題化する国や地域が増えているという事情もある。タイ政府は今年に入り、アルコール飲料のラベルに飲酒の害を訴える警告文などを表示することを義務付ける方針を打ち出した。

 ところが、欧米などの酒類メーカーは、需要拡大が期待できる国での規制強化に反発しており、新興国や発展途上国の規制当局と酒類メーカーが対立するケースも目立ち始めている。

 日本のビールメーカーも、少子高齢化で国内需要が頭打ちになる中、海外市場に活路を見いだそうとしているだけに、各社は「(事業の)リスク」(キリンホールディングスの三宅占二社長)と業績への悪影響を懸念し始めた。

 一方、「世界展開を試みる上で覚悟しなければならない問題」(アサヒビールの泉谷直木社長)との声も多く、業界では、規制が強化される前に自主的な規制を行うことを検討している。国内のビール大手で組織するビール酒造組合は2009年12月、テレビCMを放映しない時間帯を10年秋から広げることを決めており、自主規制をさらに強化する可能性もある。

ギャルみこしオーディション、竹の棒担ぎアピール(読売新聞)
酔って小学校で暴言、市議リコールの投票告示(読売新聞)
パロマ事故判決 「ヒロ君の死、無駄じゃなかった」 両親会見(産経新聞)
「基地ない沖縄を」=平和集会に3800人−本土復帰38周年・沖縄(時事通信)
「宇宙大豆」、15日に打ち上げ=種子紛失被害の日本企業(時事通信)

「加藤泉展」彫刻 東京・新富 アラタニウラノ 「プリミティブ」な存在感(産経新聞)

 若手の人気アーティスト、加藤泉の個展が東京・新富のギャラリー、アラタニウラノで開かれている。3月から同ギャラリーで1カ月ほど開催された絵画展に続く第2弾で、彫刻だけの発表となる。(渋沢和彦)

                   ◇

 なんとも不思議な彫刻群だろう。床にあおむけに寝ころび足を宙に垂直に上げ、その足の先には花が咲いている。椅子(いす)に腰掛けている作品では局部に見事な白い花が咲きエロチック。人のような顔を持ち、4本足で立っているものも。どの顔も、イエロー、グリー、ブラウンなど、アクリル絵の具や油彩などで激しく大胆に塗られ力強い。

 鼻や口、耳など細部はおおざっぱでざっくりと表現。チェーンソーやノミなどを使い荒々しく彫られる。表面には削ったザラザラとした跡が残り、プリミティヴ(原始的)な印象を与える。思いもよらない造形物を提示したアフリカンアートのような趣と風格がある。

 どれも体長は1メートル前後。幼児のような体形でありながら乳房を持っていたり、子供のようでいて大人のようであったり、人間であるようで、宇宙からやってきたような未知の生き物のようであったりする。ナイーブな造形は多面性を秘めている。

 加藤は昭和44年、島根県生まれ。武蔵野美術大学で油絵を学んだ。作家活動を始めた当初は、かたちが定まらない胎児を思わせる不思議な姿を描いていた。その後、徐々に形が明確化し、人体らしき形へと向かい始めた。といっても頭が異常に大きく、不気味でありながらもかわいらしさがある。

 絵画制作の一方、小さな彫刻も同時並行で手掛けてきたが、6年ほど前から次第に大きくなり始めた。

 ちょうど絵画が立体化して目の前に現れたようで、確かな存在感がある。顔の両端に付けられた石を素材にした大きな目。それが醸し出す無邪気さの中に見え隠れする不安そうな表情は、閉塞(へいそく)感のある現代の社会への、行き場のない不安が表れているように見えてしまう。5月22日まで(日月祝休、5日は開廊)。

特定看護師の早期制度化などを要望―日看協(医療介護CBニュース)
もんじゅ 運転再開 火災から14年ぶり(毎日新聞)
古川副大臣、民主党に憲法調査会設置求める(産経新聞)
<山口組>組長らを提訴 埼玉の男性「恐喝で会社破綻」(毎日新聞)
<口蹄疫>豚に感染の疑い、13例目 宮崎(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。