So-net無料ブログ作成

税理士が3500万円脱税 東京国税局が告発(産経新聞)

 所得税約3500万円を脱税したとして、永井淳一郎税理士(79)=東京都武蔵野市=が東京国税局から所得税法違反(脱税)の罪で東京地検に告発されていたことが15日、分かった。永井税理士はすでに修正申告に応じているという。

 関係者によると、永井税理士は投資信託などで得た利益を全く申告せず、平成19年までの2年間で約2億4千万円の所得を隠した疑いがもたれている。

 永井税理士は国税局勤務を経て、昭和43年、東京・神田で税理士事務所を開業している。

【関連記事】
進学塾「名進研」社長が所得9千万円隠し、脱税容疑で起訴へ
「アフェリエイト」指南の若手企業家告発 6千万円脱税容疑
【メディアと社会】対立あおる報道の危険 渡辺武達
浜松の自動車関連ソフト会社社長、所得隠し1億3千万円で告発
アダルト女優ら所属の芸能プロ社長を脱税で逮捕
「韓流」配給会社を脱税で起訴 東京地検
20年後、日本はありますか?

<雑記帳>愛媛県警が着うた 振り込め詐欺「騙されん音頭」(毎日新聞)
鳩山政権半年、支持率低迷で閣僚に悔しさにじむ(読売新聞)
無言で1万円札わしづかみ、大阪のコンビニに刃物強盗(産経新聞)
暴追運動住民宅に銃弾=玄関などに6発−北九州(時事通信)
「仕分け」第2弾来月から、自・公予算の検証も(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。